世界 戦い

Add: jurid24 - Date: 2020-12-16 11:55:55 - Views: 2033 - Clicks: 4600
/50/086bf90c9b4 /3e2cf4f3-184 /79475183 /6dfa32b1/95

選手権から世界へ。今冬注目の1年生コンビが選手権で成長を遂げ. 1914年~1918年 - 第一次世界大戦・Category:第一次世界大戦・Category:第一次世界大戦の戦い・Category:第一次世界大戦の海戦; 1917年~1922年 - ロシア内戦(ロシア革命・シベリア出兵) 世界 戦い 1917年~1921年 - ウクライナ・ソビエト戦争; 1918年~1919年 - ウクライナ・ポーランド戦争. 【世界】飲み物の戦い【ポーランドボール】 【世界】危険生物【ポーランドボール】 【世界】西洋武術【ポーランドボール】 【世界】サムライだよ【ポーランドボール】 【世界】エイリアン【ポーランドボール】 【世界】良い料理とは何?. 森武蔵、11回tko勝ちでv3達成「世界の舞台で戦いたい」 年11月28日 15:11 格闘技 寺地拳四朗“泥酔騒動”に2つの「なぜ?. com 大軍を率いるのはそれ相応の能力を持った人物が必要である。前秦には、これだけの軍勢を率いるに足る将軍がいなかった。 もう一つは主力である氐族の不満であった。苻堅は理想である社会を目指すため、自らの出自である氐族を優遇しなかった。そればかりか都長安から遠いところに住まわせた。このことで不満がたまっていた。 一方の他の民族達も、祖国を滅ぼされた恨みを持っていた。さらに最もアキレス健となったのが漢民族たちであった。彼らは決して異民族による支配を望んでいない。 このような事情もあり、王猛は遺言として東晋を攻めるべきではないと残したが、苻堅はそれを聞き入れず、断固進軍を開始したのであった。. 「Dの意志」:歴史を知る→世界に戦いを挑む 2.

」だとすれば、そこに書かれているのは「metaphor=隠喩」である。 つまり、この576話に何かしらの隠喩が隠されていることのヒントだとすれば、それが「巨大な戦い=災害」である可能性は十分にある。. 頂上戦争:グラグラの実→この世の全てを思い通りにする 2. 羽黒の戦い(八幡林の戦い)(はぐろ、はちまんばやし 尾張国) 岩崎城の戦い(いわさきじょう 尾張国) 長久手の戦い(ながくて 尾張国) 竹ヶ鼻城の水攻め(たけがはな 尾張国) 蟹江城合戦(かにえじょう 尾張国 - 愛知県蟹江町). · 特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」の新作映画「劇場版 仮面ライダーゼロワン real×time」(12月18日公開)の新たな特別映像が12月13日、公開さ. 6月30日は、アインシュタイン記念日。世界でもっとも有名かつ偉大な理論物理学者アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein 1879~1955年)は. それでは、「世界政府の打倒」以外に世界政府が恐れるというDの意志が引き起こす「巨大な戦い」とは何か。その伏線は、やはり頂上戦争の中に隠されている。 頂上戦争の始まりのシーンを思い出してほしい。白ひげのグラグラの実によって引き起こされた「海震」とそれに伴う「津波」が印象的に描かれている。センゴクはそれを「世界を滅ぼす力」と表現しており、頂上戦争は大災害から始まるのである。 さらに、頂上戦争の終わりには、その「グラグラの実」の能力を黒ひげが奪い、「この世の全てを思い通りにできそうだ」と発言した(59巻578話)。 このように、頂上戦争という巨大な戦いは「グラグラの実」による「津波」という大災害に始まり、「この世の全てを思い通りに」することで終わる。これはDの意志の引き起こす「巨大な戦い」を表しているだろう。Dの引き起こす巨大な戦争とは「大災害」によって始まり「世界を思い通りに作り替える」ことであろうと考えられる。「グラグラの実」=「世界を滅ぼす力」、そう「古代兵器」を使用することによって。 1. 死者数100万人 中国国民党が現地の中国人を大量虐殺した事件。 中国は日本の進行を止めるために黄河を意図的に決壊させた。 周囲の11都市4000の村が水没し100万人規模の死者・行方不明者が発生した。 この事件に関して日本軍に対する人的な被害はほぼゼロ。 中国の意図通り氾濫による地形の悪化で日本の進行は遅れたが、100万人の自国民を犠牲にして釣り合うほどの効果が得られたかは疑問。 ちなみにこの当時の中国のトップは蒋介石。 現在の台湾を作った人。 やることがえぐい。 この黄河決壊作戦を蒋介石に提案したのはドイツのゼークト。 軍事顧問団として国民革命軍に参加していた。 この後、日本がドイツと同盟を結んだのは、ドイツの中国支援を止めるためと言われている。 なんで中国政府が中国人を100万人にも殺すようなえぐいことをしたかというと、 事件後に日本軍の仕業だと宣伝して民衆を煽ろうとしたため。 しかし中国国民党はこの黄河決壊作戦を日本軍の仕業に見せかける工作に失敗。 黄河流域の民心を完全に失った。 その後、中国国内では反国民党の機運が高まり日本軍へ協力する中国人が多数出ることになる。.

【ゆっくり解説】世界の戦術・奇策・戦い紹介【トラシメヌスの戦い】 世界 戦い 歴史 世界 戦い 日曜19時半からもっと詳しく解説生放送します→lv今回は史上最大の待ち伏せ!. 戦いは河を挟んで行われた。 前秦の作戦はシンプルであった。東晋が河を渡ってくるのを待ってこれを叩こうというのである。そのため河の付近まで進軍した軍団を少し後退させた。後は相手が河を渡ってきたら一気にこれを叩けばいい。それで前秦の勝利は決まる。もはや戦う前から勝負は決まっているはずだった。 しかし、前秦の部隊が反転することはなかった。そればかりかどこからともなく「負けた、逃げろ!」という声がした。前秦軍は混乱状態に陥った。 実はこれ、前秦の軍団にいた漢人たちが叫んだのであった。前秦は先の戦いで襄陽という荊州の都を占領しており、降伏してきた漢人を前線にそのまま投入していたのだ。その首謀者は朱序という人物で、これは苻堅によって財政担当者の任を与えられ、重用されていた人物であった。 渡河を終えた東晋の軍はこれを追撃し、前秦はさらに混乱状態となり、部隊の戦線離脱が相次いだ。 もとより前秦の兵士はこの戦いに乗り気ではなかった。この戦いに賛成していたのは前燕という国の王族だった慕容垂という人物だけで、他の兵士たちはあわよくば前秦も東晋も滅びればいいとさえ思っていた。 朱序の他にも張天錫という苻堅に邸宅まで立ててもらった人物も意欲的に前秦のかく乱に協力した。この人物は少し前まで前涼という国の王だった人物で、そのような人物たちを前線に投入したのは失策であったというべきであろう。 前秦の軍はもはや総崩れ、苻堅は命からがら、慕容垂によって救出され、かろうじて戦場から逃げ延びた。慕容垂の息子はこれを好機ととらえ、苻堅を排除するよう勧めたが、苻堅に恩を感じる慕容垂は命を助けた。慕容垂は後に後燕という国を、前秦から離れたところに建国している。 戦いは終わった。圧倒的に有利だったはずの前秦は敗れ、東晋の大勝利となった。 この戦いによって前秦は弱体化し、苻堅は部下だった男によって惨めな最期を遂げさせられる。 www. カミュ「ペスト」 不条理な世界との戦い方<2> カミュの「ペスト」の続きです。 ペストみたいな上司がやってきた前回の話はこちらをご覧ください。.

死者数31万人 第二次世界大戦のきっかけとなった事件 ドイツ、クロアチア、ソ連が相次いでポーランドに侵攻。 これをきっかけにイギリス、フランスが宣戦布告し第二次世界大戦が勃発した。 この時ドイツは戦車や爆撃機による近代兵器を前面に押し出したのに対し、ポーランドは馬に乗って戦うという旧時代の装備しかなかった。 当然ポーランドはドイツ軍に蹂躙され、多くの命が失われることとなる。. See full list on u-ff. More 世界 戦い videos. ワンピース764話において、Dの一族が「神の天敵」と呼ばれていることが、コラソンのセリフから明らかとなった。同話では「神」=天竜人であると仮定した場合、Dの一族は「この世界の破壊」という天竜人に相対する思想を持つとも明かされている。 よって、ここでの考察と照らし合わせるならば、Dの一族の思想とは「この世界の破壊」=「グランドライン及びレッドラインの破壊」であると考えられる。 また、「天竜人に相対する思想」とされていることから、天竜人の思想とは4つに隔てた海を利用した世界の支配を持続させるというような思想となるだろう。 天竜人とは「この世界の創造主の末裔」とされており(ワンピース52巻503話)、「創造主」が旧約聖書創世記における「神」のような存在を表しているとすると、天竜人とはグランドライン及びレッドラインを作った天地創造の神である可能性が高い。この天地創造がワンピースの世界においてどの時期に行われたかは定かではないが、空白の百年より遥かに昔の出来事であろう。 天竜人とDの一族の関係を表すと以下の様になる。 以上、「Dの意志」の正体に関する考察でした。これに関わる詳しい最終回の考察は「古代兵器」「空白の百年」「ひとつなぎの大秘宝」「かつて栄えた王国」に書く予定です。何か意見のある方は何でもコメントしてください。 ワンピース知識に自信のある方は検定に挑戦!. 東晋においても、その要ともいえる桓温という人物が亡くなっており、その主権は弟の桓沖と謝安という2人の宰相が握っていた。 圧倒的な前秦に対抗すべく、謝安は甥の謝玄を将軍に任命し、いくつかの謀を用意していた。 前秦の兵力数十万に対し、東晋の兵力はわずか八万。 勝負は火を見るよりも明らかなはずだった。.

taph. See full list on myworldhistoryblog. 世界史上最悪の戦いをした国はどこですか? できれば理由を 国民に犠牲を強いたというのであればパラグアイ戦争ですかね。兵士だけでなく老若男女問わず国民が大勢犠牲になりました。大統領自身が戦死するという壮絶さで、子供を親が埋葬するという悲惨な光景があっちこっちで見られた. 淝水の戦いは、チベット系氐族の建てた前秦と漢民族の東晋との間に383年に起こった戦いである。 後漢という巨大な国が滅び、中国は三つの国に分裂して相争う時代を迎えた。ご存知三国志である。 三国志を征したのは劉備でも曹操でも孫権でもなく司馬懿の子孫であった。魏の将軍であった司馬懿の孫司馬炎は中国を統一し、晋という国を建てた。 しかし晋は王族である司馬氏の内乱により大きく国力を落とし、五胡と言われる五つの異民族がかわるがわる王朝を建国して生き、その時代は五胡十六国時代とのちに言われるようになった。 その中で華北の覇者となったのが氐族の建てた前秦であった。 一視同仁、前秦の君主である苻堅は全ての民族が平和に暮らせる理想世界を実現すべく華北を統一し、100万を号する軍勢を率いて東晋の都建業(現在の南京)に向けて進軍していた。 実際には100万の半分ほどの兵力であったと思われるが、その数は圧倒的で、中華史上最大の会戦、あるいは世界史上最大の会戦ともいわれる。 軍団の内訳は氐族を中心に鮮卑族、羌族、匈奴と言った所謂五胡に加え漢民族を加えた混成軍隊であった。 前秦側は圧倒的な兵力を誇っていたが、いくつかの不安要素があった。 1つは圧倒的な能力を持って混成軍を指揮していた漢民族出身の王猛がこの戦いの前にこの世を去っていたことであった。 www.

世界で生き抜く、日本人の戦い方 長期的展望に立った、欧米の組織では気付かないような、あるいはできないような支援と. · 映画『キネマの神様』菅田将暉×沢田研二 “映画の神様"を信じ続けた男とその家族に起きる奇跡の物語 映画. 「Dの意志とは何か」と問うロビンに対し、空白の100年を含む「歴史の全てを知った」とレイリーは答える。そして、続くセリフが以下である。 このレイリーの言葉は「歴史の全てを知る」→「何らかの答え(行動)」という図式で白ひげのセリフと共通している。すなわち、白ひげのセリフにおいて主語は「Dの意志」であり、レイリーのセリフにおいては「ロジャー海賊団」及び「麦わらの一味」というように「D」を名に持つロジャーとルフィという個人に落とし込んでいる。 1.

海外からの賓客をもてなす迎賓館 ミステリーハンター・中山卓也が 東京・奈良・京都の「迎賓館」で その極上の建築、そして知られざる物語に迫る!『日立 世界ふしぎ発見』の公式サイト。毎週土曜日 よる9時〜放送中!. 「Dの一族」の正体とその思想「Dの意志」を探るヒントとして、頂上戦争の際の白ひげの発言は極めて重要な内容を含んでいる。 このセリフを「Dの意志」を中心に言い換えると以下のようになる。 この白ひげのセリフと同じ内容がシャボンディ諸島でのロジャー海賊団の副船長シルバーズ・レイリーとの会話に登場する。以下、レイリーの発言からDの意志の正体を探る。. 」と隠れているが、先の2人から考えれば、文字の頭にくるのは「meta」であると分かり、「metaph. 感染症は「戦い、倒すべき敵」なのか 世界の健康格差に目を向けるべき World Now. カデシュの戦いの後、前1269年頃にエジプトのラメセス2世がヒッタイトと結んだ条約は、世界で最初の平和同盟条約と言われている。 条約の内容は、領土不可侵(互いに領土を侵害しないこと)、相互軍事援助(いずれかが第3国から攻撃や内乱の場合、要請. そんな中、世界中で犯罪や自殺が急速に拡大し、闇食いにより保たれていた平和のバランスが崩される。全ては人を闇に落とす「闇生み」ヤマ(仲野)の仕業だった。 闇食いと闇生みの壮絶な戦いが始まる。. AmazonでDK社, トニー・ロビンソン, DK社, 甲斐 理恵子のヴィジュアル・エンサイクロペディア世界史を変えた戦い。アマゾンならポイント還元本が多数。DK社, トニー・ロビンソン, DK社, 甲斐 理恵子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 世界史の戦いで、世界史を変えた戦いは、何だと思いますか?新旧問わず。多くてもよい。 2つの世界大戦は戦間期もあちこち紛争あったから、20世紀の三十年戦争と私は捉えてる!この意味から一番大きく世界を変えたかも。目立つしね。ただ歴史には意外な戦いがその後の世界を変えた可能.

Dの引き起こす「巨大な戦い」が災害を表すであろうことはワンピース作中に伏線が多数存在する。 アマゾン・リリー元皇帝のグロリオーサは頂上戦争という「巨大な戦い」を「巨大な嵐」と表現していた(59巻582話)。また、トラファルガー・ローの「”D”はまた必ず嵐を呼ぶ」という発言(60巻591話)もやはり、Dの意志が「嵐」を巻き起こすことを表しているだろう。 さらに、白ひげの「巨大な戦い」というセリフが描かれた59巻576話の扉絵にもそれを裏付けるような絵がある。 フランキーの服には「METAL」とあり、ブルックの服には「メタボ」と書かれている。ロビンの服の文字は「. ルフィ:歴史を知る→???(現時点では何もできない) ロジャーは「世界をひっくり返す」ために海へ出たとされている(61巻603話)。「世界をひっくり返す」とは白ひげのセリフから「巨大な戦い」の結果であるから、Dの名を持つロジャーは、世界中を巻き込む程の「巨大な戦い」を起こし、世界をひっくり返そうとしていたことになる。 しかし、当時はまだ時期が早く、「世界に戦いを挑む」という答えは出せずに自首することで大航海時代を引き起こし、その意志を次世代へと託した。 この意志を継いで、世界中を巻き込む程の「巨大な戦い」を起こすという答えを出すのが主人公モンキー・D・ルフィであるということをレイリーのセリフは表しているのである。 以上のことから「Dの意志」とは次のようにまとめられる。. アレクサンドロス大王の発想、当時の技術や陸海の軍事を結集した戦い!古代西洋史でも非常に重要かつ激アツな戦いです!世界史が生んだ大. 死者数30万人 第二次上海事変、通称は上海戦。 中国軍3万人が民間人が住む国際共同租界の日本人区域を包囲した。 これに抗議し撤退を要求する日本に対し中国側は銃撃を開始。 中国軍30,000人に対し日本軍は周辺区域から集められた4,000人だけであった。 その後戦闘は拡大し、最終的には中国軍25万人、日本軍5万人、計30万人の死者を出すに至った。 戦況としては日本側の勝利となり、中国軍は撤退する。 中国軍は撤退の際に現地住民を虐殺、食料を略奪し施設を破壊していった。 そのため中国軍が各地で略奪を始めるとその戦線での中国軍の撤退が予定されていることが日本軍にも暗に伝わる結果となった。 また中国の現地住民も略奪を繰り返す中国軍に抵抗し、中国の民間人が中国の軍人を返り討ちにするような場面も見られた。.

Dの名が世間に触れることを世界政府が危惧していたように、革命軍の思想もまた、世界政府によって危険視されている(ワンピース16巻142話)。 しかし、ワンピース作中にはもう一つ危険視されている思想がある。それが、かつて栄えた「巨大な王国」の思想である。 ここまで「Dの意志」が革命軍の思想と共通することを述べた。ならば、この2つの思想はかつて栄えた「巨大な王国」の思想とも共通するのではないか。オハラの考古学者クローバーが五老星に対し、以下の発言をしている。 かつて栄えた巨大な王国は何らかの「思想」を未来へ託そうとポーネグリフに歴史を刻み、その王国の残した「思想」こそが世界政府にとって脅威であるというのである。 同じように「D」の名を持つ者たちも何らかの思想=意志を受け継がせており、世界政府の脅威となっていることから、かつて栄えた巨大な王国の思想とDの意志とは共通のものである可能性が高い。 そうであるならば「D」の受け継ぐ思想は世界政府が誕生する以前から存在していたことになる。ここが最も重要である。Dの意志の引き起こす「巨大な戦い」とは革命軍の行動のように単に「世界政府の打倒」ではない。 したがって、Dの意志が引き起こす「巨大な戦い」には別の意味が込められているのではないだろうか。. 繰り返される病との戦いで得たもの 数千年の歴史から学ぶ、感染症パンデミック後の世界と人類はどう変化してきたか. 2 days ago · トランプが戦う中国共産党の恐るべき【対日陰謀工作】秘密文書!日本が現在保有している国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放戦に奉仕せしめることにある!いまトランプ軍が戦いの最中!菅総理らは中国工作員!恐るべき中国の対日陰謀工作|AppleTown(全文は下記に)米. 苻堅という人物の理想主義が招いた敗北と言える。 苻堅は優秀な君主で、彼のもと前秦は領土を大きく広げることが出来た訳だが、それはほとんど王猛の力によるものであった。苻堅は彼の生前王猛に対し丞相・中書監・尚書令・太子太傅・司隷校尉・使持節・散騎常侍・車騎大将軍・清河郡侯・都督中外諸軍事とあらゆる位を与えていた訳だが、その分他の臣下の嫉妬や妬みを買っており、その芽がここ一番で出てしまったと言える。 人心は目には見えない。 苻堅は温情を施せば人は皆自分に恩義を感じついてくると思ったのだろう。皮肉にも最後には自分が優遇した人物によって足元をすくわれてしまった。 前秦がこの戦い勝っていれば、中国に巨大な王朝が出来ており、その歴史は大きく変わったことであろう。中国初の異民族国家が誕生していたかも知れない。 だが、仮にそのような王朝を建てても長続きしなかったであろうことは想像に難くない。 世界 戦い 強大な長期政権を樹立するのがいかに難しいことかと苻堅を見ていると思う。 そのような国を作るには、光武帝や趙匡胤のように徳と能力を持った建国者がやはり必要なのだろうなぁ。 www. · 神村学園の1年生コンビはアジア、世界の戦いへ向けて選手権で挑戦、成長を. ctrlキー押しながら+キーで拡大 ctrlキー押しながら-キーで縮小. com 華北は再び大いに乱れ、氐族に代わって鮮卑族が台頭し、北魏という国がやがて華北を統一することになる。 一方勝利した東晋の側も、戦勝の功労者謝安がこの戦いの2年後に亡くなり、司馬一族による内乱が激しくなった結果、この戦いの40年後に東晋は劉裕という人物によって滅ぼされることになる。 www.

ロジャー海賊団:歴史を知る→大航海時代を作る(少々急ぎすぎた) 3. 第二次世界大戦の世界全体での死者数は6000万〜8000万人と言われている。 当時の世界人口は20億人、そのうちの4%が死亡したことになる。 ただし、これら8000万ともいわれる数字の中には銃弾や爆撃によって亡くなった直接的な死者だけではなく、飢饉や疫病など戦争によって引き起こされた環境の悪化による2次的な被害者の数も含まれている。 民間人の被害者数は3800万〜5500万。 この内、飢饉や病気によるものは1300万〜万。 軍人関係者の被害者数は2200万〜2500万。 こちらも同じく食糧不足や病気など戦闘以外での死者数を含む。 ソ連の死者数が2660万人と他国と比べて抜きんでて多い。 当然ながら国別死者数のランキングでは1位である。 ソ連は1923年生まれの男性の8割以上が死んだとされている。. 12 新型コロナウイルスの感染者が急増しているブラジルでは、年のパンデミックインフルエンザでも多くの犠牲者が出た=年9月、サンパウロの感染症専門病院で. ポスト・コロナの世界秩序──日本の課題と進路(中) 世界 戦い 寺島実郎 メディア批評【第154回】 神保太郎(ジャーナリスト) 片山善博の「日本を診る」【131】 なぜ安倍政権のコロナ対策では失敗が続くのか 片山善博(早稲田大学).

「古代兵器を使い 世界を思い通りに作り替える」といえば、ワンピースの世界において海を4つに分ける「レッドライン」と「グランドライン」の破壊以外に考えられない。「自由」を求めるDの意志にとって、一番自由を阻んでいる存在は「レッドライン」と「グランドライン」である。 しかし、自由のためとはいえ、世界を一周するような巨大な大陸を破壊すれば、大災害は免れないであろう。世界政府が恐れているというのはこの世界中を巻き込む程の巨大な災害である。. それでは、「Dの意志」が起こそうとする「巨大な戦い」とは何か。 冒頭に挙げた白ひげの発言が頂上戦争時のものであることから、Dの意志が引き起こす「巨大な戦い」とは、世界政府を倒す戦いにヒントがあると考えるのが妥当である。 「世界政府を倒す」というワードから思い浮かぶのは「世界政府を直接倒そうとする力」であるという革命軍であろう(45巻432話)。革命軍総司令官ドラゴンもやはりDの一族である。とすればDの引き起こす巨大な戦いとは革命軍の動きと一致すると予想される。 Dの意志を継ぐモンキー・D・ドラゴン率いる革命軍の思想とは「自由と平等の世界を目指して世界政府を打倒する」ことであると以前考察したた。よって、Dの意志もまた、「自由」や「平等」のために「巨大な戦い」を引き起こし、世界政府を打倒しようとしているのではないだろうか。 ドラゴンがゴア王国に訪れた際、以下の言葉を叫んでいる。 ここであえて「意志」という言葉が使われていることから、ドラゴンのこの言葉こそ「Dの意志」そのものであると考える。. See full list on koukogaku-onepiece. 世界 戦い ゆっくり解説】世界の戦術・奇策・戦い紹介【ガウガメラの戦い】 歴史 今回は大決戦『ガウガメラの戦い』世界戦史でも屈指の知名度と人気を誇る(たぶん)アレキサンダー. 「ボクシング・WBOアジアパシフィック・フェザー級タイトルマッチ」(28日、後楽園ホール) 王者の森武蔵(21)=薬師寺=が挑戦者で同級6位の. 1を決めるこの大会では、ワールドカップ(W杯)に勝るとも劣らないハイレベル. 世界での戦い 活躍の舞台は海を越えて 騎手は他のスポーツと同様に 「世界」と戦うアスリート 強豪国を相手に激闘を繰り広げるサッカー日本代表選手のように。. 世界の歴史でも最も有名な攻城戦『コンスタンティノープルの陥落』です!オスマン帝国と東ローマ帝国ことビザンツ帝国.

世界の戦史から有名な戦いを幾つか取り出して解説しています。わかりやすく、 文章も読みやすい。著者は兵站を重視しており、戦争の本質がわかっています。 残念なのは著者の単独本は1巻で終わっており(2巻は共著)、これほどレベルの高い.

世界 戦い

email: [email protected] - phone:(781) 179-4836 x 8449

ヒソカ 殺気 - Basara

-> 鬼灯 の 冷徹 アプリ 攻略
-> 猪田 有 以

世界 戦い -


Sitemap 5

ヴァイオレット エヴァー ガーデン film series - Tentacle